車検の費用

自動車規格毎の車検有効期間について

自動車規格毎の車検有効期間

現在、国内で公道上を運行している自動車については、原則として全て、車検制度による検査を受検し合格しておく必要があります。この車検制度については、全ての自動車が一律で受検する義務を保つのに対し、自動車の規格や運用方法によっては、車検期間が満了するまでの有効期限に幾つかの違いがあるため、実際に自動車を所有する場合にはこうした違いをしっかりと把握しておく必要があります。

まず、最も一般的なのが、いわゆる自家用車と呼ばれる種別です。マイカーなどレジャーや日常生活、或いは通勤や通学など一般目的で所有し使用する自動車の場合、新車時は初回登録から3年後に車検を受け、その後は2年毎に車検を受ける必要があります。

次に、トラックなどいわゆる貨物自動車についてですが、貨物自動車の場合は少し特殊になっており、車体重量が8トン未満の貨物自動車については、新車時は2年、その後は1年ごとに車検を受ける必要があります。反対に、車体重量が8トン以上の貨物自動車については、新車に関係なく1年ごとに車検を受ける必要があるため、注意が必要です。

更に、タクシーやバスなど営業目的で運行される自動車の場合、原則として新車や中古にかかわらず、毎年必ず車検を受ける必要があります。

これ以外にも、トレーラーなど大型特殊自動車であったり軽貨物自動車の場合、新車時2年、その後も2年ごとの車検が必要となります。

このように、自動車の規格の違いや、実際に運用される目的の違いによって車検の有効期間にも厳密な違いが存在しているため、思わぬ車検切れを防ぐためにも、所有している自動車の有効期間をしっかりと把握しておきましょう。

Copyright© All Rights Reserved.